見出し画像

邪気をはらい、福を招く! 春節飾り

こんにちは。広報課の佐伯です。

2月10日は旧暦のお正月。「春節」ともいいます。
上野本部のグローバル・デイリー(GLD)では、飾り付けが行われていました。

春節飾りが飾られたオフィス
普通に溶け込んでいる…

訪日外国人向けのプロモーションを主に行っている同社。

どんな意味があって、どんなきっかけで始まったのか、GLDの王さんと金さんにお聞きしました。

ハルビン出身の王さん
王さんの出身はハルビン。寒い地域で、2月の平均気温は-13℃(!)

「中国では、春節は国を挙げての祝日です。みんな1週間は休みます」と教えてくれた王さん。
現地の企業は当然のように休業。その間は連絡が取れなくなるので事前の準備が大事になるそうです。(GLDは通常営業です)

世界時計 時差があります
「財は門から入ってくる」と、ドアの周りを重点的に彩るそう

「ドアにかかってるのは爆竹の飾りですね。神話に出てくる『獣』を追い払って、福を招くとされています」
…確かに!中国の新年と言えば爆竹のイメージがあります。

中国では「逆さ」が縁起良い
不思議な形…?

これは壺をかたどった飾りが上下逆になっているもの。
中国語では「逆」という言葉も、「来る」という言葉も同じ「タオ」という発音。
なので、「福」が描かれた壺を逆さにすることで「福が来る」ことになるのだそう。(勉強になる!)

中国結び
伝統工芸「中国結」。いろんな種類があります

この飾り付けが始まったのは2017年。
当時は「爆買い」に代表されるインバウンドが世を席巻し、GLDにも多くの中国人社員がいました。

「彼ら彼女らの気持ちを考えて、『お互いにお祝いしましょう』と始まったんです」と金さん。ところがコロナで情勢がガラッと変わってしまい、ここ数年は倉庫に閉まったままだったそう。

縁起物の唐辛子
唐辛子もよく使われる厄除けアイテムの一つ

そこから数年。またインバウンドが戻ってきて、現在GLDには王さん含め5人の中華圏のスタッフが働いています。

オフィスに福が来ます
赤は縁起がいい色。「新年には赤を着る」慣習もあるそう

晴れて復活した春節飾り!
今週いっぱいGLDのオフィスを彩り、1年分の福を呼び込んでくれています。



13の企業・法人からなるDACグループ。
今後も適宜、各社の事業内容や特色・魅力をお伝えしていきたいと考えています。
社員の皆さん、おススメの情報がありましたら、ぜひ広報課まで!

グローバル・デイリーの入口
GLDの入口。
社員の寄贈品やお客さんからのプレゼント、個人のコレクションまで幅広く並んでいます。


この記事が参加している募集

#オープン社内報

22,831件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!