見出し画像

那須古民家の屋根改修完了で、さらに素敵な外観になりました

DACファームと那須の古民家を担当しているDACホールディングス経理部の佐々木です。

栃木県大田原市にある保養所の那須古民家がオープンして3年が経ち、リピーターの方も増え、四季折々の田舎暮らし体験を多くのご家族に楽しんでいただいています。

大屋根の改修工事完了

那須古民家といえば、遠くからも目立つ大きな青い屋根が目印となっていましたが、昨年秋からの工事で傷んでいた大屋根の塗り替え作業をして、屋根の色も赤色に塗り替え、2023年1月からリニューアルオープンしました。
さらに堂々とした印象です。

蔵は泊まれるフリースペースとして改装中

また、古民家の敷地内にあった蔵も現在リニューアル工事中です。
昨年実施した全社員アンケートで、「蔵の活用方法」を社内募集させていただき、カフェや蕎麦屋といったアイデアをのべ200件以上いただき、その結果、「泊まれるフリースペース」として活用することが決まり、工事を進めています。

古民家と蔵は、明治初期の建築で歴史的価値が高く、実際に泊まれることができるのは珍しく、とても貴重な建物となっています。五右衛門風呂や囲炉裏もあり、ご家族で日本の田舎暮らしを満喫できます。お客様との接待や撮影で利用される方もいますので、アイデア次第でもっともっと有効活用できるかと思います。

陶芸体験ができるようになりました

おいしいお米や野菜作り、大工仕事と、なんでもできてしまうDACファームの小川さんは、陶芸家でもあります。古民家の玄関にある大きな花瓶、食器棚にあるお皿やカップ、洗面所の陶器の鉢など、古民家の雰囲気にぴったりの素敵な作品は、じつは小川さんの作品です。ご存じでしたか?そして、このたび、那須古民家の納屋には、陶芸ができるコーナーもできました。小川さんに事前にお願いをしておくと、陶芸体験をすることができますので、ぜひご利用ください!
詳細は佐々木までお問い合わせください。

この記事が参加している募集

#オープン社内報

22,831件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!